北朝鮮メディアが、金正恩(キム・ジョンウン)総書記立ち会いのもと、「極超音速ミサイル」の発射実験に成功したと報じた。 朝鮮中央テレビは12日夜、新たな写真を公開し、金正恩総書記が、前のめりになり、ミサイルの打ち上げを見ている姿やミサイルを移動式の発射台から打ち上げる準備をしている様子を報じました

Twitterの声1

 

Twitterの声2

 

Twitterの声3

 

ネットの声1

ニュースで超音速ミサイルっていう謎の言葉を見たので検索して記事を読んでたんだけど、それがえらくわかりにくくてなにかと思えばJSFの記事だった・・・。

北のミサイルは、まだ超音速ではないと思うが、いずれ超音速になる可能性はある。 ただ最低限、制御できないミサイルは作って欲しくない 

点と点ではなく点と面(網)で捉える方法も有るのでは?

ネットの声2

超音速ミサイルて 北朝鮮はいつの間にそんな技術を 迎撃が更に難しくアメリカも警戒してるよ

いまニュースで「超音速ミサイル」の「超」を「うま」のイントネーションで読んでたけど、正しいの?

ここ数年、各国で流行り出した超音速ミサイルだが、日本は超音速兵器に対抗して光速兵器のレールガンを開発中。宇宙に集光型レンズとソーラーパネルを打ち上げてソーラー兵器建造の方がレールガンより未来がありそうな気もするがな。ソーラー兵器は地上に照射するだけで高熱地獄の出来上がり。

おすすめの記事