2021年10月に行われる通関士試験 の合格基準、解答速報、受験生の感想などをまとめました。答え合わせは自己責任でお願いします

 

 

試験内容

① 通関業法(選択式・択一式:各10問/50分)
② 関税法、関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法(選択式・択一式:各15問/1時間40分)
③ 通関書類の作成要領その他通関手続きの実務(1時間30分)
通関書類の作成要領(選択式・計算式2問)
その他通関手続きの実務(選択式・択一式・計算式:各5問)

 

 

 

 

 

合格基準

以下の全ての条件を満たすことで合格となります。

通関業法:満点の60%以上の得点率
関税法等:満点の60%以上の得点率
通関書類の作成要領その他通関手続の実務:満点の60%以上の得点率
 

 

 

ネットの声1

・通関士試験なう😊

全く予期していなかった問題で頭真っ白になってしまった😇

でも受験しないと受かる可能性0%

午後からも頑張るぞ(ง •̀_•́)ง

・通関士の試験、業法も関税法もトリッキーな問題が多かった。
下手すると得点調整されるレベルじゃないだろうか。
過去問題反復の路線で臨んだタイプは厳しい戦いやね

・今日はこっそり通関士試験を受けております。

勉強癖が完全に無くなってるので、記念受験になってます。

 

 

 

 

ネットの声2

・通関士試験受けてるので鍵明けます。

通関士試験、実務もトリッキーな問題になりそうだから、申告書作成は後回しにして、確実に稼げるところを解くのが賢いかもしれない。
NACCS番号の仕分けで時間食っていたら、時間配分間違えて撃沈しそうだね。

・通関士試験つらみ
今年受からなかったら、
もう受けませんわい

 

 

 

 

おすすめの記事