2021年10月に行われる建築物環境衛生管理技術者試験の合格基準、解答速報、受験生の感想などをまとめました

 

 

試験内容

●試験
① 建築物衛生行政概論
② 建築物構造概要
③ 室内環境衛生
④ 空気環境の調整
⑤ 給水及び排水の管理
⑥ 清掃
⑦ ねずみ、昆虫等の防除

●講習(3週間/101時間)
① 建築物衛生行政概論(10時間)
② 建築物の構造概論(8時間)
③ 建築物の環境衛生(13時間)
④ 空気環境の調整(26時間)
⑤ 給水及び排水の管理(20時間)
⑥ 清掃(16時間)
⑦ ねずみ、昆虫等の防除(8時間)
 

 

 

 

 

合格基準

●試験
科目毎の得点が各科目の満点数の40%以上で、なおかつ、全科目の得点が全科目の満点数の65%以上で合格となります。

 

 

 

ネットの声1

・去年ビル管受けたが、俺より先に退室した人、ほぼ落ちてた。

見直しはしっかりした方がいいぞ。
いまさらだが。

・会社にビル管合格したの報告したら即選任された。
前任者は定年退職らしい。
資格持ちも高齢化してるのかな。

いやらしいが、今年難化して合格率一桁になってほしい💦
この資格の貴重性を保って欲しいwww

・ビル管これ来年頑張るやつだな

 

 

 

 

ネットの声2

・ビル管一週間詰め込みはなめてました。来年対戦よろしくお願いします。

・カフェジカのプレゼント外れたんだろうな。気持ち切り替えていこう。電験とビル管は、次のdmmのセールで買う。論説は二種も含めて買う。

・ビル管午前部は去年に比べて優しい様にも感じた。感じただけにスラッと解けないのが悔やまれる。

 

 

 

 

おすすめの記事