米金融会社ファイナンスバズは「ホラー映画心拍数アナリスト」を募集しています。仕事内容はこれまでに制作された最も怖い映画13本を見て、心拍数をフィットネス端末の「フィットビット」で計測することだ。

 

 

ホラー映画13本見て報酬14万円、映画予算と恐怖の関係調査 米企業

https://news.livedoor.com/article/detail/20863179/
選ばれた参加者は10月9~18日に
「ソウ」
「悪魔の棲む家」
「クワイエット・プレイス」
「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」
「キャンディマン」
「インシディアス」
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」
「フッテージ」
「ゲット・アウト」
「パージ」
「ハロウィン(2018)」
「パラノーマル・アクティビティ」
「アナベル 死霊館の人形」
を見る必要がある。
 

 

 

 

Twitterの声2

 

 

 

ネットの声1

・ホラー好きとしてはこれ最高じゃん!

ホラーだめだからどれ見ても心拍数やばいことになる……_:(´ཀ`」 ∠):_ ..

・1ヶ月やりたくもない仕事だけど必死に汗水流して働いた俺の給料より余裕で高くて草 こんな仕事してみたいな t

 

 

 

 

ネットの声2

・俺実はアメリカのコウチ州に住んでんだ

・やらせてくれ() 

・私こんなんやったら死ぬ……😨😨😨

 

 

 

 

おすすめの記事