最新刊『無理ゲー社会』で、リベラル化する社会の生きづらさの正体を解き明かした作家・橘玲氏が、仕事のリテラシーに関する国際的な調査結果をもとに考察。

 

 

Twitterの声1

 

 

 

 

 

Twitterの声2

 

 

 

ネットの声1

・数的、論理的思考力がなくても仕事はできるのです。そういう人は「直感」で仕事をしていて、そして「直感」でした仕事の方が上手くいく確率が高いのです。「勉強できる奴」と「仕事の要領がいい奴」が違うのはそこです

・文脈読まずにクソリプ飛ばす輩がやたら多いのは、ちゃんと理由があったんですね
読まないのではなく、そもそも読めないのかあの人たちは…

・まー、Twitterやってるのが日本人かどうかは微妙ですけどね🙄

 

 

 

 

ネットの声2

・たしかにそうだよな
こんなんじゃ雇用状態があんまり良くないままなのも少しわかるわ

学歴による社会の分断 「日本人の3人に1人は日本語が読めない」調査結果も

これわかるとか言ってる人じたいも、これに該当するように思う。
わりと、学校の先生をしてる人でも、?みたいな解釈の人はいるし。
保育園の先生は、もっといる。
世の中の1%くらいしかまともな人はいないと思う。

・クソリプ飛ばしたり簡単な計算間違えるワイのことやな🙄

 

 

 

 

おすすめの記事