横綱審議委員会から休場の多さを指摘され、昨年11月場所後に引退勧告に次ぐ「注意」の決議を受けた白鵬は、名古屋場所で進退を懸ける考えを示していた。1968年秋場所で優勝した大鵬の5場所連続休場明けを上回る、6場所連続休場明けで賜杯を手にし、復活を印象づけた。

36歳4カ月での優勝は年6場所制になった1958年以降、2012年夏場所を制した旭天鵬の37歳8カ月に次ぎ、横綱では最年長優勝となった。
引用元:mainichi.jp(引用元へはこちらから)

出展:Youtube

2021大相撲七月名古屋場所15日目 白鵬vs照ノ富士

エルボー横綱、かち上げエルボー爆裂【7:12】

twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事