センターは18日から本格稼働する見通し。既に栄養士や調理師が日本入りし、食材の入手方法やメニューを協議している。聯合ニュースによると、25種別の団体から配達要請があり、需要は1日当たり約420食分に上る。体育会側は、放射性物質の測定器も準備し、食材の放射線量も測定することにしている。

2011年の東京電力福島第1原発事故を受け、韓国では福島周辺の食材への拒否反応が強く、いまだ福島など8県の水産物の輸入を禁じている。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

みんなの感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事