記事によると

、韓国選手団は選手村から車で20分の距離にある3つ星ホテル「変なホテル」を借り切った。ホテルの調理施設を利用して独自に弁当を作り、毎日午前、選手団に届けることにしたのだ。

大韓体育会によると、東京五輪に参加する29種目232人の選手を対象に弁当需要を把握した結果、大会中、計8400個以上の弁当が必要であることがわかった。1日400個以上だ。種目ごとに1日2食までお弁当を支援する予定だ。

栄養士1人、検査員1人、調理員14人、補助人員7人の計23人の給食担当スタッフが派遣される。キムチや醤油、味噌や干物、カタクチイワシ炒め、塩辛類などのおかずは大半が韓国から持ち込まれ、肉類や野菜、魚などは現地で調達する。

肉類は日本産ではなく豪州とニュージーランド産を購入し、野菜や魚をはじめ福島県で生産された食材はすべて避けることにした。放射性物質である放射性セシウムを測定する線量計を購入し、食材を確かめてから使う予定だ。
引用元:courrier.jp(引用元へはこちらから)

みんなの感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事