子どもの飼い猫。生まれた瞬間から腎臓の悪化は始まっているという
写真・図版写真・図版写真・図版写真・図版写真・図版写真・図版
猫の腎臓病の治療をめざしている東京大学のチームの研究に突然、2日余りで約2900件、約3千万円の寄付が集まり、今も申し込みが殺到している。通常、東大への寄付は年間1万件程度で、寄付の事務担当者も「史上初めての出来事」という前代未聞の事態だ。いったい何が起きたのか?

飼い猫は、腎不全で死ぬことが多い。ライオンやチーターも含め、ネコ科の動物は腎臓病にかかりやすいことが知られているが、要因は謎だった。

東大の宮崎徹教授(免疫学)らは、ヒトやマウスなど動物の血液中に共通して存在する「AIM」というたんぱく質を発見した。AIMは、腎臓を詰まらせる死んだ細胞などを排除し、腎機能を維持する働きをもつことがわかった。
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

出展:Youtube

自宅でできる猫の腎臓病ケア!!

6:51 飲水量UP 腎臓病の猫ちゃん飼われている飼い主さんへ 腎臓病のケアどうされています? 少しでも皆様の力になれたら幸いです この動画はITOが獣医学の知識、経験 …

出展:Youtube

【猫の腎臓病予防】腎臓病予防でNGなこと、良いことを獣医ITOが解説

猫の腎臓病の原因は詳しくは分かっていませんが、 リスクが上がること、リスクを減らせることはあります ぜひ参考にしてみてください 水を飲ませる量UP …

twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事