15日午前11時前、和歌山市湊の県道の交差点で、乗用車が右折待ちの車の列に追突した後、
対向車線にはみ出して原付きバイクと衝突し、原付きバイクに乗っていた22歳の女性が死亡しました。

警察は、和歌山市今福の美容師、西馬淳子容疑者(51)が、持病のてんかんの発作で、
意識障害に陥るおそれがある状態で、乗用車を運転して事故を起こし、女性を死亡させたなどとして、
危険運転致死の疑いで逮捕しました。

警察によりますと、事故に関係した複数の車両のドライブレコーダーから
乗用車が蛇行しながら走る様子が確認され、西馬容疑者は、
「運転中、心臓がきゅっとなって下を向いた」と話しているということです。
一方、「事故を起こしたことは事実だが、てんかんの発作は起こしていない」
と容疑を否認しているということです。
警察は、当時の状況をさらに詳しく調べています。

引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事