ネット炎上する「空間除菌」。その一例が医療機関などへの寄贈です。
代表的な空間除菌用品であるクレベリンは今年2月にネットで炎上。
しかし、経緯を追ってみると、「病院側が要望したのか」という別の論点が見えてきました。

2021年2月16日、大幸薬品は製造・販売する二酸化塩素を使用した空間除菌用品「クレベリン」シリーズの一部商品約12万個を全国の医療機関に無償で提供すると発表しました。
しかし、ネット上では医師など専門家のアカウントを中心に、これに猛反発の声が上がります。

引用元:withnews.jp(引用元へはこちらから)

みんなの感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事