事故を受けて佐渡市教育委員会は9日に会見を開き、「すぐに心肺蘇生法を救急隊員が来るまで続けていた」として、学校側の不備はなかったと述べていました。

男児の死亡を受け、佐渡市の渡辺竜五市長は「このようなことが起こり、防ぐことが出来なかったことは断腸の思いであり、申し訳ないという思いでいっぱいです。児童のご冥福をお祈りいたします」
「このようなことが起きないよう、学校、教育委員会と連携して子どもたちの安心・安全確保対策を取り組んでまいります」とコメントしています。

引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

出展:Youtube

一口で食べようと… 給食の“米粉パン”で窒息 小5男児が意識不明の重体【新潟・佐渡市】 (21/07/08 19:21)

7日午後0時半前、佐渡市内の小学校で5年生の男子児童が給食の米粉パンをのどに詰まらせました。 担任が児童の異変に気づき、応急対応した上で消防に通報。 児童は …

みんなの感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事