確実に言えることは4月以降、3600万人の高齢者に3か月間で集中してワクチンを打ち始めたらバタバタ人が死にます。どのくらい死ぬかと言うと、1日3000人ずつぐらい。1か月に10万人。3か月で30万人、死にます。これは当たるんです。なぜ当たるかと言うと、ワクチン打たなくても30万人、死ぬんです。そう、自然に(笑い)。

この国で1年間に、高齢者を中心に140万人近く死ぬんですよ。月に直すと10万人ずつぐらい。大半が高齢者。1日3000人ぐらいが死んでる。3か月間にその人たちに集中してワクチンを打つわけでしょ。3か月間に30万人ぐらい死にますよ。ワクチン打った直後に。だけど因果関係は多分ないよね? もともと予定されている死者の数が30万人で、ワクチン打っても30万人なら「ワクチンの副反応で死んだ人はいない」ってことと同じなんだけど。そういうふうに社会が受け止められるか?
引用元:www.tokyo-sports.co.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事