カウント2-2から見送った134キロの外角低めチェンジアップをストライクと判定され、三振を喫した。捕手のミットに収まるまで球筋をしっかり見極め、自信をもって見送ったボール。球審の右手が上がった瞬間、大谷は納得いかない表情で「違う、違う」と言わんばかりに右手を振り続けて不満をあらわ。右手の動きを止めることなく、ベンチに戻った。

引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

みんなの感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事