。まずデンベレは『インスタグラム』を通じて、次のようなメッセージを記している。

「ここ最近、インターネットで2019年のプライベートの映像が出回っています。その場所は日本ですが、この世界のどんな場所でも、同じような表現を使っていたでしょう。したがって、私はどのコミュニティのことも指してはいません。私は人の出身地にかかわらず、友人とプライベートで、このような表現をすることがあります」

「映像は公のものとなり、映っている人々を傷つけてしまったかもしれないことは理解しています。そのために、心から謝罪をさせていただきます」

またグリーズマンは『ツイッター』上で、自身が差別に反対する立場を取ってきたことを強調しつつ、日本人に対しては謝罪を述べた。

「私はどんな形の差別とも反対することを誓っています。ここ数日の間、私を私ではない人間にしようとする人たちがいます。私に対する非難を拒絶するとともに、日本の友人たちを傷つけてしまったのならば、謝罪させていただきます」

00:08 2021年7月06日

引用元:www.goal.com(引用元へはこちらから)

みんなの感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事