取材に応じ「2月ごろ免停になった」とコメント

捜査関係者によると、2日午前7時半ごろ、板橋区高島平3丁目の交差点で、木下氏の車がバックした際、停車中の乗用車にぶつかり、運転席の50代男性と同乗の女性が軽いけがをした。
木下氏は取材に「事故を起こしたのは事実。2月ごろに免許停止になったが、事故当日は停止期間が終わったと勘違いをしていた。公人でありながら本当に申し訳ない」と話した。
都民ファーストの会は「本人から事情を聴取した。無免許状態での運転は明確な法律違反であり、公人としてあるまじき行為。事故発生から数日たって初めて報告され、党として看過できない」とのコメントを発表した。
引用元:www.tokyo-np.co.jp(引用元へはこちらから)

ネット上の指摘

交通違反での前歴は「過去3年間に免許停止や免許取消し処分の回数」を指す

みんなの感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事