熱海市によりますと、土石流は伊豆山第一配水池から伊豆山港に向けておよそ1キロにわたり、幅は最も大きいところで120メートルに及ぶということです。

また県は、土砂崩れは何らかの開発行為によって盛り土があった場所で起きたと発表しました。土石流との因果関係はわかっていませんが、盛り土は全て流れ出ていて、県は今後、詳しい調査をする方針です。

熱海市は先ほど、災害対策本部会議を開き、捜索活動2日目の結果を報告しました。およそ20人とした安否不明者については、消防などに問い合わせがあった人数で、住民基本台帳ベースでは147人が確認できておらず、
ローラー方式で確認作業をするとしました
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事