選挙カーの”イライラポイント”は騒音だけではない。

「子どもに手振ってくるの腹立つ。で、子どもが振り返したら『ありがとうございます!!』とかまじで腹立つ」
「ただ洗濯物を干してただけなのに、『ベランダからの応援、ありがとうございます!』と言われた。いや、勝手に巻き込むなよ」
候補者のアクションに腹を立てる人もいれば、「ウグイス嬢、結構いいバイト代らしい。選挙カーがうるさい上にそれを知ったら、イライラしちゃう」と選挙スタッフに矛先を向ける人もいる。

トピック内を見ていると、選挙カーがマイナスに作用する可能性は高く、「子育てのしやすい街づくりを!」「労働者の権利を補償する!」といった国民寄り添った主張を叫んでも「それならまず選挙カーを止めてくれ」と思っている人も珍しくない。

今年は都議選や衆院選など選挙が多い年となっており、否が応でも選挙カーの出番は増える。ただ、育児中の人や夜勤の人に加えて、コロナ禍のために在宅で働く人が増加したため、選挙カーの活用方法は慎重に判断した方がいいだろう。

引用元:news.careerconnection.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事