読者の中には、Windows 11の発表と同時に公開された「PC正常性チェック」アプリを
利用してWindows 11へのアップグレードの可否をチェックした際に、
「このPCではWindows 11を実行できません」と表示される場合があるだろう。
このツールは、理由が明確に表示されないため不親切だが、おそらく非対応となる
理由の1つは「TPM 2.0」だ。もちろん、CPUやストレージなどの要件を満たしてない
場合もあるが、マザーボードのファームウェアでfTPMが有効になっていない可能性が高い。

特に、自作PCユーザーで、ファームウェアのアップデートなどをこまめに
実行しているユーザーの場合、このメッセージが表示される確率はアップする。
なぜなら、ファームウェアのアップデート時にPTTおよびfTPMが無効になるケースが多いからだ。

マザーボードによってはPTT/fTPM対応ファームウェアが
搭載されていなかったり、対応ファームウェアへのアップデートが
必要になる場合があるが、最近のPCであれば起動時のUEFI(BIOS)
セットアップ画面からIntel PPTやAMD fTPMを有効化することで利用可能になる。
以下ソースで

引用元:pc.watch.impress.co.jp(引用元へはこちらから)

出展:Youtube

【Windows11】ギガバイトX570でのTPM2.0の設定の仕方だ!やってみて!!

マジでわからんかったわ Windows11のシステム要件を通すため ギガバイトのTPMを変更しました 速攻で作ったからめっちゃ雑になってしましました 【Twitterの質問箱】 ...

出展:Youtube

How to Check If Your PC Can Run Windows 11 - TPM 2.0 Explained

windows11 #tpm2.0 #windows11error In this video tutorial I'm showing you how to check if your pc can run windows 11 and support it , its very important to ...

出展:Youtube

【Windows11】なぜか実行できない方へ TPM2.0 Ryzen自作PC セキュアブート MBR2GPT

この動画では,比較的新しいWindowsデスクトップパソコン(Ryzen)にも関わらず,Windows11のアップデートができない方に向けた動画です.動画の流れとして,はじめに ...

twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事