飛ぶ鳥を落とす勢いで売れ続けてきたアクアだが、最近の調子は芳しくない。2020年1年間の販売台数は5万9548台にとどまり、前年比57.4%に終わった。同門コンパクトのヤリスにはもちろん、ライズ、ルーミー、シエンタに対しても、大きく溝を開けられ、影が薄くなってきている。

7月にモデルチェンジを迎えるアクアだが、大人気コンパクトが並ぶトヨタのなかで、アクアが果たしていくべき役割は何なのか。
引用元:bestcarweb.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事