松永さんが「あなたはブレーキを踏んだのは絶対に正しいと認識していますか」と尋ねると、飯塚被告は「はい」と即答した。

さらに松永さんが「電子制御のアクセルとブレーキが同時に壊れたから発生したという主張だと理解してよいですか」と尋ねると、
飯塚被告は4秒沈黙した後、「電子制御は時々、不具合が起こることがあって、私どもも経験をよくすることですけど、
再起動すると元に戻って正常に機能することがある。そのような事例ではないかと思っています」と述べ、
警察による事故後の調査で不具合が見つからなかったことと矛盾しないという趣旨の主張をした。

引用元:www.tokyo-np.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

おすすめの記事