不登校のゆたぼん「昭和生れはもう、おじいちゃん。令和のボクに昭和の価値観を押し付けるな」

小学校を卒業し「中学校不登校宣言」したユーチューバー・ゆたぼんが14日、中学校に行くよう説得を試みた人気ユーチューバー・シバターに動画で反論した。

シバターさんが何か動画で俺のことで動画出してて。アンチだと思ってたけど、匿名のアンチと違うのは、あの人は結果出してて、俺も本を買ってる」と一応、リスペクトはしている様子。

 シバターが「友達ができる」と言ったことに、「なんか古い考えやなと思うねんな。昭和のおっちゃんの考え。昔は友達ができる場所が学校しかなかったけど、いまはネットがあるやん。ネットで知り合って実際に会って友達になったりもできる」「中学校に行っても友達できない人もおるねん」と主張した。「自分が良かったと思うことが他の人に良いとは限らへん」とゆたぼん。

 シバターが「大人になってからできた友達は本当の友達じゃない」と言ったことには「俺もコラボして、ラインしたら返事が来なかったこともある。ほんまクソみたいな大人やなって思う人もおる」と認めるも「それが社会ってもんやと思う。学べて良かったし、友達もいる。へずまりゅうも友達やしな」と、ちゃんと友達もいるという。

Twitterの声!!

Twitterの声!!

おすすめの記事