【愛媛コロナ】新たに17人感染確認  松山市の聖火リレーは公道走行取りやめ

愛媛県の中村時広知事は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、松山市内の公道で21日予定されていた東京五輪聖火リレーについて、とりやめる考えを示した。

愛媛県内で新たに感染が確認されたのは17人です。
地域別では、松山市で11人、宇和島市で4人などとなっています。
また、愛媛県は自宅療養していた50代の感染者が11日に容態が急変し、救急搬送先の病院で死亡したと発表しました。
県内で変異株の感染者が死亡したのは初めてです。
このほか愛媛県は4月21日に予定されている松山市内での聖火リレーについて公道での走行を取りやめるほか、城山公園で開催される到着式についても関係者のみで開催する考えを示しました。

Twitterの声!!

Twitterの声!!

おすすめの記事