出川哲朗、経済産業省の電動車椅子プロジェクトから消される?

経済産業省は10月21日、電動車いすの普及と利用促進、安全性の周知などを目的とした、「のろーよ! デンドー車いす」プロジェクトの発表会を開催。

2020/10/22の記事

発表会では経産省の担当者だけでなく、本プロジェクトのアンバサダーである出川哲朗さんも登場した。

まず始めに、経済産業大臣政務官・佐藤啓氏が登壇し、電動車いすの現状について語られた。

「電動車いすはまだまだなじみが薄いという現状だが、既に利用している高齢者にとっては、お買い物に行くときだけでなく、ゲートボール場や農作業をする畑までの移動といったことにも活用され、いきいきとした生活を送られていることが多い。つまり移動手段としてだけでなく、生活の支えとして利用されているというのが特徴だ。電動車いすはだれかに気遣う必要もなく、自由に外出できるツールであり高齢者が元気に生きるためのアイテムということをアピールし、世の中に広げていきたい」と述べた。

Twitterの声!!

Twitterの声!!

おすすめの記事