東日本大震災の発生から10年が過ぎた。直後は1000キロ近く離れた兵庫県丹波地域からも数多くの支援が行われ、現在も東北の人々との交流が続いているケースも

 

 

 

Twitterの声

 

 

ネットの声

そこに住む人たち中心の活動であることを忘れてはいけない。経験することで分かることも多いから、活動すること&振り返ることの両方が大切。善意は調整することで力になる。

我が地元紙の記者の報告です。
よかったら読んでください。
付け加えますが、この記者は本当に何度も現地に行っています。

「”被災地”から脱皮を」 報道の難しさ知る 兵庫から東北へ10年通う記者 「善意の暴走」も垣間見る【#これから私は】/兵庫・丹波篠山市(丹波新聞)

経験に根ざした非常に秀逸な記事。
特に、緊急復旧期から復興期に移行した後も送られてくる支援物資やボランティアによる、医療なども含めた民業圧迫はもっと注目されるべき。

「”被災地”から脱皮を」 報道の難しさ知る 兵庫から東北へ10年通う記者 「善意の暴走」も垣間見る/兵庫・丹波篠山市(丹波新聞)

阪神淡路の時も同じようなことがあったのに何を今更な記事を兵庫県の新聞に載るとは残念でならない。

「”被災地”から脱皮を」 報道の難しさ知る 兵庫から東北へ10年通う記者 「善意の暴走」も垣間見る【#これから私は】/兵庫・丹波篠山市(丹波新聞)

全国各地から物資が届けられていたが、使い古された衣服もあり、結局捨てられた。また震災直後はともかく、その後も延々と送られてくる物資は無料で配られ続け、営業を再開した地元経済を圧迫した。

●「”被災地”から脱皮を」 報道の難しさ知る 兵庫から東北へ10年通う記者 「善意の暴走」も垣間見る

私が言うのも僭越だけど震災の報道は「お綺麗」が多すぎて…だからこういう記事も大切です。ありがとう。

「”被災地”から脱皮を」 報道の難しさ知る 兵庫から東北へ10年通う記者 「善意の暴走」も垣間見る【#これから私は】/兵庫・丹波篠山市(丹波新聞)

「”被災地”から脱皮を」 報道の難しさ知る 兵庫から東北へ10年通う記者 「善意の暴走」も垣間見る【#これから私は】/兵庫・丹波篠山市(丹波新聞)

やってる自分に酔ってるってのもあるよね。
ボランティアのグループに参加したけどそのグループがちょっと独りよがり的な面もあって2回目はお断りした。最近になってその後を観に行くとか言われたけどそれもそのグループで行くのはお断りした。

 

 

 

おすすめの記事