[2]図工の授業で彫刻刀 5年生の児童10人相次ぎ負傷!!そのうち1人は縫合手術

神戸市立こうべ小学校で2月中旬以降、彫刻刀や小刀を使う図工の授業で5年生10人が相次いで手などをけがしたことが分かった。うち1人は右手親指のけんを縫合する手術を受け、重大事故として市教育委員会に報告した。

市教委などによりますと、ろうの立体を削る課題で2月15日に4人、同16日に2人、3月8日に4人がけがをした。手術を受けた児童は今後リハビリを始める予定といい、ほかにも1人が手を数針縫った。

 同小は、彫刻刀などを使う授業では安全のため図工の教員だけでなく、担任も補助で入ることにしていたが、手術を受けた児童がけがをしたときは不在だったという。保護者の一人は「学校として安全意識が足りないのでは」と憤った。

 市教委によると、過去に図工の授業中、彫刻刀などでけがをした児童数の集計データはないという。ただ、負傷件数が多いとして、原因究明と再発防止を徹底するよう同小に指導した。中田宗義校長は「けがをした児童の一日も早い回復を祈っている。指導方法を一から見直し、反省しなければならない」と話した。

Twitterの声!

ネットの声!

怪我しないような正しい使い方(彫刻刀なら刃の進行方向に手などを置かない)をしっかり教えて、本人に理解させれば良いの。
自動車や包丁、工作機械など道具を使って何かする事全てそう。
何でも理解せんとボケッとしてたら怪我すんねん。
責任追及より道具を扱う本人の意識も大事。

危ないからと遠ざけるだけが親切ではないと思う。
今みたいに懇切丁寧にカバーとかなくて、先生も適当だったけど昔は彫刻刀で怪我する奴なんか殆ど居なかった。

神戸新聞NEXT | 総合 | 図工の授業、彫刻刀で10人相次ぎけが 神戸の小学校

あのイマドキ彫刻刀でどうやったら怪我するんだと思ったら削る対象もロウでしかも指導役が足らんてか
今の子じゃそうなるかなあ

怪我をした子供が使っていた彫刻刀が100均のものだとしたら、怪我をするのも無理は無いと思う。
ちゃんとした彫刻刀と違ってほんっっっっと滑りが悪いからあれは

まあ私とか肥後守で鉛筆削ってナイフ禁止に引っかかって教師にネチネチネチネチネチネチネチネチ言われた口だけども学校で怪我してたし、しかしそれにしたってロウを彫るのに彫刻刀はオーバースペックじゃないかなあと

危ないからと遠ざけるだけが親切ではないと思う。
今みたいに懇切丁寧にカバーとかなくて、先生も適当だったけど昔は彫刻刀で怪我する奴なんか殆ど居なかった。。。。。。。。。。。。。。。。。

彫刻刀使用の図工授業で怪我が多発、保護者からは『学校の安全意識が足りないのでは?!』と言う新聞記事を読んだ。
危ないからと使わせなかった保護者にも問題あるだろ。鉛筆を小刀で削らせるとか凧作るのに竹を採ってくる所からとかさせろよ。あと、子どもも教員をバカにしすぎ。ちゃんと言う事聞け

子供の頃から包丁、彫刻刀、ハサミ、カッター、ナタ、斧、ノコギリ、ナイフ等で手をよく怪我しましたが、偶にですが未だに日本刀やナイフで手を怪我しますがねぇ。

最近、どこの小学校でも彫刻刀で怪我をする子が増えている。自宅ではナイフも使わない、ハサミすらたまにしか使わない、マッチもなくなり擦ったことがないなど、手指を使い危険なことをする機会が激減し、昔は家庭で培われていた危機回避能力が低下している。

彫刻刀使った図工の授業、3回で10人相次ぎ怪我!
保護者の1人・・・安全への配慮が足りない。
小刀でも買い与えて刃物の扱いは家庭で教えろ!
よく切れる刃物は怪我をしない。

おすすめの記事