福岡県で起こった5歳児餓死事件では、事件の凄惨さもさることながら、翔士郎ちゃんを餓死させた“母親”と“ママ友”の奇妙な関係性でも注目を集めている。共謀して食事管理を行ったとされる両容疑者だが、ママ友としての“主従関係”だけでなく、もう一つの“特別な関係”があったとゆう

 

 

 

Twitterの声

 

 

ネットの声

福岡5歳児餓死事件、母親とママ友は「創価学会員」だった 衰弱の我が子に“お題目”(デイリー新潮)

宗教がらみ?
理解できない世界だな。

やはり草加 

あら。。。 

この顔にピンときたら❗️
洗脳して、子供を虐待して、
お金を貢がせて、人を殺して
逮捕される人って
みんな、こんな顔。
恐ろしさが顔に出るんですね😭

#5歳男児餓死 事件、それだけでも耳目にしたくないくらいの凄惨な事件なのに、ママ友 #赤堀恵美子容疑者 の母親に対する #洗脳行為 、生活保護搾取そして強制的な #創価学会 への勧誘は人道的に赦しがたい所業。赤堀なるメスブタに極刑が下ることはもちろん、白蟻宗教創価の撲滅を切望する。 

あーあ 

想定内?

そうかそうか。

やっぱりねぇ~。

 

 

 

おすすめの記事