開催5か月前にして今なお逆風ふきすさぶ東京五輪。もし中止したら「コロナ克服の象徴五輪」の座を2022年北京冬季五輪に譲ることになる。

 

 

 

 

 

Twitterの声

 

 

ネットの声

今日は、東京オリンピック開会の日。
1964(昭和39)年10月10日、アジア初、第18回夏季オリンピック東京大会開会。新幹線、高速道路などの整備で「オリンピック景気」の中、戦後復興象徴の大会となった。日本代表は、獲得メダル金16.銀5.銅8の大活躍だった。

●韓国なんかも事情は一緒なのかな。ソウル五輪が経済成長の象徴みたいな感じで。

●ソウル五輪が韓国近代化の契機の一つ。

近代韓国史は戦争の連続ですからね。太平洋戦争では日韓併合で日本の一部となり、それから解放されると朝鮮戦争。これで北に残されたまま帰れなくなった人も出て多くの離散家族を生みました。その後、ベトナム戦争への参戦…ソウルオリンピック開催までずっと貧しかった

●東京オリンピックは中止と思っていたが、コロナ禍終結後の世界人類復活の象徴としての祭典に意味が完全に変わってしまったので、その歴史的価値が爆上がりして、絶対見たくなってしまった。

日本原発はテロに対する防御甘すぎる 「秘密主義」に日独専門家警鐘 | 安全保障 – 東洋経済オンライン

日本原発はテロに対する防御甘すぎる 「秘密主義」に日独専門家警鐘 | 安全保障 – 東洋経済オンライン

日本原発はテロに対する防御甘すぎる 「秘密主義」に日独専門家警鐘 | 安全保障 – 東洋経済オンライン

日本原発はテロに対する防御甘すぎる 「秘密主義」に日独専門家警鐘 | 安全保障 – 東洋経済オンライン

日本原発はテロに対する防御甘すぎる 「秘密主義」に日独専門家警鐘 | 安全保障 – 東洋経済オンライン

 

 

 

 

おすすめの記事