[2]紅蘭、右脚に彫った“男性タトゥー”の真相明かす 23歳で亡くなった弟の顔だった

 俳優の草刈正雄さんの長女でタレントの紅蘭さんが1月28日にInstagramのストーリーズを更新。右脚に入っている男性のタトゥーが2015年2月に亡くなった実弟の雄士さんであることを明かしてます。

 紅蘭さんはこの日、ファーコートからスラリとした美脚が伸びたソロショットをInstagramに投稿。右脚には男性の顔と短い英文のタトゥーが大きく入っており、ファンからは「右足だれ?」「刺青はリンゴスターですか?」などタトゥーの真相について質問が寄せられました。  これを受けて紅蘭さんは「タトゥー知らない人もいたので、私の弟ですよ! 6年前に入れたモノです。 もう少しで命日だ!」と23歳の若さで亡くなった雄士さんの顔だとストーリーズで説明。「だれそのおじさんってよく言われるけど 弟が21歳くらいのときの写真なんだけどな」とタトゥーのモデルとなった顔写真も公開しています。弟さん、正雄パパにそっくりだ。  雄士さんのタトゥーであることは以前から公表しており古くからのファンには周知のこと。紅蘭さんの投稿には「もうすぐ弟さんの命日なんですね。紅蘭ちゃんの中でカッコ良く生き続けてますね」「弟さんもいつも一緒で幸せですね」「まさおパパに似ていますよね! カッコイイ姉弟」など反響が寄せられています。

Twitterの声!!

ネットの声!!

理解できようが、できまいが
個人の家族の偲び方にそんな批判しなくていいと思うんだけどな・・
(自分はそういう方法ではしないけど)

紅蘭さんは家族愛が強い人なんだね…
安室奈美恵さんも左腕の一番上に、
お母様の命日と息子さんの名前が彫ってあった。
心の傷が癒えたのかわからないけど今は消したらしいね。
心の傷は見えぬもの、こればかりは他人が口出ししなくてもいい話。

確かに法律違反してるわけではないし、刺青入れようが個人の自由である!
 ただまぁ せっかくこんな美脚でスタイルいいので、この絵柄だと拍子抜けではあるが、、何て言われようと本人の自由だしね。

入れるのは本人の自由だし全然いいとおもう。でも綺麗な足なのにな〜とは思った

知らないひとが見たら え? と思うようなものですね

理由を聞けば本人にしか分からない決意があっての事

単純に カッコいいから入れた だけではないので、理解出来なくとも批判はしないのが大人だと思います

いろんな形で亡き弟と繋がりたい
それがタトゥーでもかまわないけど
否定的な意見は大多数かもしれませんが…

このひとはいろいろやるけど、恭子さんと同じで人のことガタガタ言わないし、何を言われても反論とかしない気がする。自分てものをしっかり持ってるので気にならないんだと思う。やってることがどうこうじゃなくて、そういうところはカッコイイと思う。

今の日本において、誓い・決意でタトゥーを入れている人は多いが、使用できない公共施設があること・色眼鏡で見られてしまうことへの「覚悟」があるのなら、何の問題もないと思う。
5年後・10年後に今と見方が変わるかといったら、変わらないと思う。

偲び方は人それぞれで、それがずっと忘れないでいるとか形見を常に持ち歩くとか、こうやってタトゥーを入れるでも悪いことではないと思う。一般人だとタトゥー入れてると生活に支障あるし、そもそも痛いから入れようという発想になかなか至らないけど、紅蘭さんにとってどれだけ大切な弟さんだったかは伝わってきます。

若くして亡くなると特に衝撃的だし、
何かで残して一緒に居たい気持ちはわかります。自分ならタトゥーは嫌だけど、どう残すかな…でも記憶の中だけがいいのかもしれないですね。人間て凄いですね、記憶で残すって。

おすすめの記事