[2]トップYouTuberは誰? 4カ月で8億回超再生も 年間再生ランキング

 影響力を増すYouTuberなどの動画インフルエンサー。最も影響力のあったのは誰だったのか。インフルエンサーマーケティグを手掛けるBitStar(東京都渋谷区)が、2020年に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキングを発表しました。

2020年1月から12月に投稿された動画で、同期間に最も多く再生されたYouTubeチャンネルのランキングは次の通りとなった。

トップとなったのはTikTokのフォロワー数が日本最大の「Junya.じゅんや」。期間中8億8810万回の再生があった。

チャンネル開設からわずか4カ月で、チャンネル総再生数トップとなった。動画は10分未満の短いものが多く、TikTok動画をYouTubeにあげていることが多いようだ。12月だけで140本以上の動画をアップロードしている。チャンネル登録数は400万を超えた。

同期間に投稿された動画1本あたりの再生数ランキングは、次の通りとなった。

1位は、「Kota Mino Kids Channel / こたみのチャンネル」の『【寸劇】みのちゃんはいつでも赤ちゃんになりたい!素敵なお姉ちゃんになって赤ちゃんのお世話できるかな?*Mino Pretend nanny 教育 こたみのチャンネル』だった。動画単体で1億2356万回再生された。子供に人気の動画で、チャンネル自体も1年間で登録者数が150万人伸びた。

同期間に新たに開設されたYouTubeチャンネルの、登録者数ランキングは「Junya.じゅんや」だった。4カ月で380万人の登録があり、1月現在では400万を超えている。

同期間に投稿されたタイアップ動画で、最も再生されたのはNetEase Games/網易娯楽の「荒野行動」だった。6182万回の再生があった。

このランキングはBitStarが開発した分析ツール「Influencer Power Ranking(IPR)」のデータに基づき作成された。

Twitterの声!!

ネットの声!!

よく分からんけど、HIKAKINの数字足したら、1位になるけどな。

TOP10どれも見てないし、登録もしてない(笑)
やっぱりyoutubeいいですよね。自分が見たいのだけ見れるから。

テレビは見たくない人が多すぎて、すぐチャンネル変えちゃう。
見たい番組に限って見たくない人出てて萎える。

YouTubeは観ますが、再生回数を上げる事がメインでお金を掛けたり危険行為をしたりで、どうも風潮が間違った方向に向かっている投稿者が増えました。
常軌を逸した投稿者にはお金を払わないような処置をした方が良いように思えます。
普通の人が一匹何万円もする魚をいじったり、危険な結果が見え隠れする事をするのはダメだと思いますが・・

YouTubeは動物とか、動物と赤ちゃんとかの動画以外見てないし、テレビ同様そんなしょっちゅうは見ないから、「へー、そーなんだー」という感想。
当然TikTokは目にしたこと無い。

TOP10 たいへん喜ばしいことだとは思う。
YouTuberの中では有名人なのだろう。

ただ有名YouTuberに思うのは
テレビへの露出はぜひとも控えていただきたい。
YouTube内で人気なのはいいが、テレビではしょせん素人なので
とても見苦しい。

正直どれも見たことがない。個人的には素人の悪ノリのような動画は何が面白いのかわからないので見ませんが、このトップ10はそういう系ではないなら、一回見ようと思う。YouTubeは見ますが、専門知識が豊富な人の話は参考になるのでよく見ます。再生数はこちらには関係ないのであまり気にしてないですが。

トップ10の人たちの動画、THE FIRST TAKE以外はまず見たことが無い。有名なので名前は見たり聞いたことはある方がいるんだけど、動画は見ようとも思わないまま今日まで過ごしてきた。
Youtubeの良いところは、自分の興味のあるものをセレクトして動画を見ることが出来ること。どんなに有名でも私のPCではオススメに出てくることも少ない。
本当に便利なサービスだよね。

この間初めてヒカキンの動画を見たけど思っていたのと違った
ヒカキンの一日密着みたいな感じだったからかもしれないけど、ずーっとうるさく騒いでるのかと思ったらそんな事はなくて
嫌な感じの無い動画で楽しく見れた
すごく面白い!っていうよりニコニコしながら楽しく見れる感じだった

うるさいテレビのバラエティとは全然違って

時々やるビートボックスなんかがとても上手くて一芸にも二芸にも秀でた人なんだなと思った
娯楽が選べる時代なってよかった

最近のテレビはバラエティ番組であってもコロナを感じる内容ばかりなので、ほとんどYoutubeばかり観ています。
残念ながらTOP10の方は見た事がありませんでしたが、再生回数の多い動画はどれも作りがちゃんとしてて好みに合うチャンネルを探す楽しみもあります。

おすすめの記事