2【悲報】画家の安野光雅さんが死去  94歳 温かみある風景画や絵本!!

空想的な絵本や幻想的な風景画で親しまれた画家の安野光雅(あんの・みつまさ)さんが昨年12月24日、肝硬変のため死去していたことが16日分かりました。94歳。島根県出身。葬儀は家族で行った。

山口県や東京都での教員生活を経て、画家として独立。1968年に最初の絵本「ふしぎなえ」を発表。「さかさま」「ABCの本」など、視覚的トリックを用いたエッシャー風のだまし絵による絵本で、国内外を問わず人気を集めた。 欧州や国内各地を旅しては温かみのある風景画を描き、「旅の絵本」シリーズや「津和野」などの作品集を発表した。司馬遼太郎さんの「街道をゆく」の取材にも同行しました。

Twitterの声!

ネットの声!

画家の安野光雅さんがお亡くなりになりました。温かみのある独創的な作品で数々の国際的な賞を受賞。小社では、絵本「きつねがひろった イソップものがたり/グリム童話」シリーズ、新書『絵のある人生』、エッセイ集『故郷へ帰る道』等をご執筆いただきました。謹んでお悔やみを申し上げます。

安野光雅さん…小さい頃からすごくすごく好きで私の会いたい作家さん1番だったのに。。
もう新しい作品を見れないと思うと悲し過ぎる。

安野光雅さんが亡くなったのか。小さいときから一番好きな絵本は『旅の絵本』シリーズで、森毅さんと組んだ数学の絵本シリーズも大好きだった。津和野の美術館にも行ってきたな。何冊手に取ってきたか分からない。たくさんの思い出をありがとうございました

安野光雅先生が亡くなった、とのニュースが流れてきた。高校の図書館に「旅の絵本」シリーズが置いてあって、友達とワイワイ言いながら眺めた。表紙絵が毎年楽しみで文庫手帳を愛用してた。これも表紙が目について「生き方の研究」という本を買ったら面白くて愛読書になった。

安野光雅さんの絵を最初に見たのは、ブルーバックスの「マックスウェルの悪魔」の表紙絵だったかな。エッシャーや錯視絵を取り入れた画風はいわゆる理系の人にもファンが多かったはず。
ご冥福をお祈りいたします。

◎安野光雅先生
子どもの頃お年玉にいただいた「旅の絵本」では言葉のない物語の世界を知り、少し大人の知的な世界に誘ってくれました

繊細でユーモアもある素敵な絵も、エッセイも大好き
「手品師の帽子」好きだったなぁ
ご冥福をお祈りいたします

安野光雅といえば旅の絵本。給料もらうようになって全部そろえたな。毎月配本される絵本の中にもあった。うちは貧乏だったので、どこからか親がお下がりをもらってきてくれてた。「ちかちま」ってなんだかわからなくて、気づいたのが最初のエウレカだったな。ご冥福をお祈りします。

安野光雅さん、お亡くなりになってた…
子どものときからお世話になって、大人になってからは旅心をくすぐられっぱなし
子ども用に買った絵本は、私の方が夢中になった

絵本と共に想起されるたくさんの思い出はこれからも大切な宝物

心よりご冥福をお祈りします

今日、木曜日のBookMarkerでもかつて紹介していた安野光雅さんが亡くなられましたね…。本当に安野さんのご冥福をお祈りしたいです。

画家の安野光雅さんがお亡くなりになったと知り、ワタシがかつて長年勤めていた書店の包装紙が安野さんのデザインでとてもオシャレでステキだということを、改めてお伝えしたいです。
ご冥福をお祈りいたします。

大好きな画家の安野光雅さん。中学生の時に「旅の絵本」でファンに。
大学時代、授業を早退して神保町でのサイン会に参加。緊張していた私に温かい雰囲気で握手をして頂き、大感激した思い出。合掌。

安野光雅さんの美術館に行ったことがある 展覧会にも何度か行った
私の中には確実にあの絵たちが刷り込まれている

安野光雅先生…「ふしぎなえ」はガキの頃ほんとに大好きだったな。

おすすめの記事