【マークイズ福岡ももち・無差別殺人事件】犯人の少年は6歳の女児を人質に逃走を図ったか?

※画像はイメージ

8月28日午後7時半ごろ、商業施設「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」で起きた殺人事件で逮捕された犯人の少年が6歳の女児を人質にし、逃走しようとしていたことがわかりました。

少年の事は少しずつわかってきて、少年院から更生施設に送られ逃走したことがわかっています。

 

概要

福岡市中央区の商業施設で女性が殺害された事件で、包丁を持っていたとして銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された自称15歳の少年が、取り押さえられる直前、客の女児(6)に馬乗りになって押さえつけていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

別の客が助け、女児に目立ったけがはなかった。福岡県警は、少年が女児を人質にして逃げようとした可能性があるとみて調べている。

 

県警によると、殺害されたのは福岡市南区、事務アルバイト吉松弥里(みさと)さん(21)。28日午後7時半ごろ、商業施設「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」1階の女子トイレで、血を流して倒れているのを警備員が見つけた。

同じ頃、付近で包丁を持っていた少年が警備員に取り押さえられた。

 

捜査関係者によると、少年は取り押さえられる直前、施設内を血の付いた包丁を持って歩いていたため、周囲の客が一斉に逃げ、警備員が駆けつけてきた。だが、女児は逃げる際に転んでうつぶせに倒れた。

これに気づいた少年が馬乗りになって押さえつけ、助けようとした母親(39)や警備員らが近づかないよう刃物を振り回して威嚇。

その後、別の客が少年を突き飛ばしたところを警備員が取り押さえたという。

少年はこの一連の行動について「逃げたかった」と供述。

捜査関係者は、事件後に騒ぎになったため、女児を人質にして逃走しようとした可能性があるとみている。

 

引用:朝日新聞デジタル

 

 

逃げたかったと供述

犯人の少年は逃げたかったと供述しています。

逃げるならなぜ刺したのか不明です。

事件当初は錯乱状態であったなどの情報があり、冷静な判断が出来ていなかったとの声もある一方で、無差別ではなく自分よりも弱い人間を襲う冷静さがあったのではとの意見が多く出ています。

 

 

少年法に違和感

少年法に守られている事から実名報道はされていません。

これに対し、少年法のあり方を問う声が非常に多く寄せられています。

 

 

みんなの声

この女児とお母さんは、相当トラウマになると思う。心の傷は計り知れない。
犯人が許せない。

 

被害者が増えなくて良かった…自分だったら、とてもじゃないが刃物を持った凶悪犯を突き飛ばすなんて出来ないと思う。逃げることしか考えられない。助けた人を尊敬する。

 

この犯人が今後何年かかけて仮に『更生』したとしても、なんの落ち度もなく刺された被害女性は生き返らない。殺されかけた少女の心の傷は一生消えない。
この犯人の更生とやらに期待する事に、いったい何の意味があるのだろう。

 

そもそも刺さなければ逃げる必要も無かったのに、刺して、その上人質まで取ろうとしたのであれば、相当混乱してたのかな・・・。
全然脈略が無いことをやってる。

 

充分、責任能力があると思います。

逃げる気もあり、人質まで取ろうとしていたなんて  

女の子も母親もトラウマです

ほんとに、ひどい、ひどすぎる

 

引用:ヤフコメ

 

 

事件当初の様子

 

 

まとめ

色々な事がわかってきました。

逃走をしようとしていたことから人質を取ったのであれば十分に責任能力が問えるのではとの声が多く出ています。

これからどのような結果になるのか注目されます。

 



おすすめの記事