【強盗致傷事件】古河市東本町で26歳女性がカバンを奪われナイフで切られる!犯人は逃走中

※画像はイメージ

20日午後10時25分ごろ、古河市東本町の路上で帰宅途中の26歳女性が男にカバンを奪われ右腕をナイフで切り付けられる事件が発生しました。

犯人の男は逃走中です。

 

概要

20日午後10時25分ごろ、古河市東本町の路上で、自転車に乗った男が、歩いて帰宅中の会社員女性(26)の後ろから、「かばんもらっていいですか」と、現金約2万円の入ったバッグを奪って逃げた。

 

女性は抵抗した際、右腕をナイフで切り付けられた。

古河署が強盗致傷事件として調べている。容疑者の男は20~30代くらい、やせ型で黒色短髪、白い半袖Tシャツを着用していた。

 

引用:茨城新聞クロスアイ

 

 

事件現場

事件現場は古河市東本町の路上です。

犯行が行われたのは午後10時25分ごろです。

 

 

 

犯人の情報

犯人の情報でわかっているのは以下の通りです。

 

性別:男

年齢:20-30代ぐらい

体格:やせ型

髪型:黒色短髪

服装:白い半袖Tシャツ

 

犯行手口は自転車で被害者に近づき「かばんもらっていいですか」と言いバックを奪っています。

今回は女性が抵抗したことで、ナイフで切りつけケガをさせています。

容疑は強盗致傷事件で捜査しています。

法定刑は無期または6年以上の懲役とかなり重いものとなっています。

 

 

ネットの声

カバン貰ったら駄目だよ!分かるでしょ!
コロナの影響で今は強盗が多発してるとニュースで見ました。
暗くなってからの女性や子供の1人歩きは
とても危険ですね。

 

もっともっと、街中に防犯カメラを設置すべき。

車の窃盗とか、いたずらなども多い。

 

2万円のために強盗傷害犯か。
愚かな話だ。

 

台詞が気持ち悪い。
「よこせ」ってぶん盗るほうがよほど潔い。

 

引用:ヤフコメ

 

 

まとめ

ひったくり事件がナイフで切りつけたことで強盗致傷事件となっています。

犯人は逃走しています。

十分に警戒をしてください。

 



おすすめの記事