【傷害事件】札幌市北区のスナックで店主が59歳男に殴られる!男は逮捕!時短営業に激怒

※画像はイメージ

19日午後9時過ぎに札幌市北区のスナックで傷害事件が発生しました。

この事件で逮捕されたのは札幌市東区の自称作業員の男(59歳)です。

男はコロナの営業で時短になったことに腹を立て殴ったようです。

 

概要

札幌市東区の自称作業員の男(59)が傷害の疑いで現行犯逮捕された。

男は札幌市北区にあるスナックで飲食していたところ、19日午後9時過ぎに店主から「コロナウイルスの影響で店を早く閉める。午後9時半に閉店する。」と言われ激高したという。

 

店主は男に顔面を殴られ、くちびるをきるけがを負った。調べに対し男は「殴ったのは間違いない」と容疑を認めていて「早く閉めることをあらかじめ言ってほしかった」と話しているという。

 

引用:STVニュース北海道

 

 

事件現場

事件が発生したのは札幌市北区のスナックです。

時刻は9時過ぎです。

 

 

 

59歳の男を逮捕

逮捕されたのは自称作業員の男59歳です。

名前や顔写真の公表はされていません。

今の時点では情報がほとんど出ていません。

傷害事件ですので、1か月以上15年以下の懲役、または1万円以上50万円以下の罰金となっています。

容疑については認めています。

今後名前など詳しい情報が出てくれば追記していきます。

 

 

動機

動機は【コロナウイルスの影響で店を早く閉める。午後9時半に閉店する。】と言われた事に激怒したとの事です。

コロナ対応に各地の店舗で対応に追われていますので、仕方のないことだとは思いますが・・。

男は【早く閉めることをあらかじめ言ってほしかった】などとも話しています。

 

 

ネットの声

時刻の問題ではなく、この客の場合は『俺様が来てやったのに閉めるとは何事だ』という精神だから、コロナに関係なく何時に閉店でも同じ事してたでしょうね。
永久出禁で良いと思い。

 

この客に帰って欲しくて、通常より早く店を閉めることにした可能性もあるな

 

コロナウイルス禍以前でも面倒臭い客だったと思う。

 

コロナでバカがふえたなぁ・・・

 

引用:ヤフコメ

 

 

まとめ

お酒が入って気が大きくなっていたのでしょうか?

やっていいことを悪いことの分別をつけてもらいたいと感じる事件です。

 

 



おすすめの記事