【上尾市】16歳少女が警察に殺すと言い包丁を投げつけ逮捕!顔・名前は?

※画像はイメージ

 

19日21時25分ごろ、若宮交番(桶川市)で警察官に向かい【警察官嫌い。殺す】と包丁を突き付ける事件が発生しました。

この事件で逮捕されたのは16歳の少女となります。

警察が少女に包丁を捨てるよう説得すると、投げつけてきたとの事です。

 

 

概要

交番で警察官に包丁を向けたとして、埼玉県警上尾署は20日、上尾市の無職少女(16)を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕したと発表した。

逮捕は19日。包丁を向けられた警察官は拳銃を構えて警告。同署は適正な対応だったとしている。

 

発表によると、少女は19日午後9時25分頃、同署若宮交番(桶川市)で署員に対し、刃渡り15センチ程度の包丁を向けるなどして職務の執行を妨害した疑い。  

同署幹部によると、少女は交番を訪れ「警察官嫌い。殺す」と話し、包丁を向けてきた。

署員が実弾の入った拳銃を構え、包丁を捨てるよう警告すると、少女が包丁を投げつけたため、取り押さえたという。包丁は別の署員が構えていた金属製の盾に当たった。

 

少女は調べに対し「包丁を構え、投げつけたことは間違いない」と容疑を認めており、同署が動機などを調べている。

羽田正宏副署長は、署員が拳銃を構えたことについて「現時点で適正だったと考えている」とコメントしている。

 

引用:読売新聞オンライン

 

 

16歳の少女の顔・名前は?

逮捕された少女の情報ですが、16歳との事で公表はされていません。

Twitterや掲示板などを確認しましたが、情報は出ていませんでした。

 

わかっている事は以下の通りです。

 

名前:不明

年齢:16歳

住所:上尾市

性別:少女

職業:無職

容疑:公務執行妨害容疑

 

16歳で無職ですので、学校には行っていなかったと思われます。

警察に対し相当恨みを持っていたよう感じる事件です。

投げつけた包丁が警察の盾に当たりケガ人がいなかったのは本当によかったと思います。

 

 

事件現場

事件が発生したのは若宮交番です。

 

事件は21時25分に起きています。

 

 

 

動機は?

動機については【警察官嫌い。殺す】と言っていますので、相当な恨みがあったように感じます。

普通の神経ではここまでの行動に出る事は出来ないと思いますので、恨みか精神的な問題があるとの声が多く出ています。

包丁を投げているのも刺さってもいいと思っていたのか、自暴自棄のようになっていたのかもしれません。

詳細について明らかになりましたら追記していきます。

報道では警察が銃を向けた事に対するコメントがありましたが、包丁を向けられている事を考えると、悪くないとの声が多く出ていました。

 

 

ネットの声

警察官は危険な仕事です。不祥事がある度に心ない言葉を浴びせられますが、真面目に私達の暮らしを守っていてくれる警察官の方々がおられると言うことを、感謝しなければなりません。今回だって16才とは言え危険な行為ですから。

 

毎度「拳銃を構えたのは適切だった」はいらないでしょう、早く刃物とりあげないと一般市民はもちろん警官が危ないんだから。ドラマみたいに
素手や警棒でカッコよくはたき落とせとでもいいたいのか。

 

今や年齢、性別は問わず凶悪な人がいる。
必ず再犯するはずだ。
更生など期待せず、懲らしめることに重点を置いて処分していただきたい。

 

拳銃持っているだけじゃ意味がない
投げつけられて「防御の盾」に当たってるって
ことは…
これで適正が適正でないか判断されるのは
厳しいね

 

こんな内容なのに銃を構えたことが適正かどうかってコメントしなきゃいけないのか…

 

引用:ヤフコメ

 

 

 

まとめ

16歳の少女に何があったのか気になる事件です。

詳細が明らかになりましたら追記していきます。

 

 



おすすめの記事