※画像はイメージ

16日から17日の間に、宮城県名取市で母親とみられる遺体を燃やしたとして21歳の専門学生が逮捕されました。

逮捕されたのは村上陽都容疑者(21)です。

村上陽都容疑者は母親の遺体を自宅から名取市内に運び燃やしたとの事です。

 

概要

宮城県名取市で16日の夜から17日の早朝までに母親とみられる遺体を燃やしたとして、仙台市の専門学生の男が18日夕方、逮捕されました。

 

死体損壊・遺棄の疑いで逮捕されたのは仙台市太白区中田町の専門学生、村上陽都容疑者(21)です。

警察によりますと村上容疑者は、16日午後10時頃からきのう午前4時頃までの間に名取市内で身元不明の遺体を燃やした疑いが持たれています。

 

村上容疑者は17日午後、「母親の遺体を自宅から名取市内に運び燃やした」と仙台南警察署に自首。

供述に基づき、警察が捜査したところ損傷が激しい遺体が見つかったため18日夕方、村上容疑者を逮捕しました。

 

現在、村上容疑者の母親と連絡がとれていないことなどから、警察は、遺体は母親とみて身元の特定を急ぐとともに死亡した経緯や動機などを追及することにしています。

 

引用:TBC東北放送

 

 

 

村上陽都容疑者の顔は?

顔写真ですが、今の時点では公表はありません。

Facebookについては同姓同名のアカウントはあるものの、本人と思われるものは発見できていません。

Twitterやインスタも同様となります。

今の時点では殺人容疑ではなく、死体損壊・遺棄の疑いとなっています。

殺人に関与しているかについては捜査中との事です。

 

今の時点で分かっている情報は以下の通りです。

 

名前:村上陽都

年齢:21歳

住所:仙台市太白区中田町

職業:専門学生

罪名:死体損壊・遺棄の疑い

 

学校名などの情報も今のところ出ていません。

 

 

遺体を運んだ

供述によると、自宅から名取市まで運んだとあります。

名取市までは車で10分ほどの距離になります。

なぜ運んだのかが非常に気になる事件となっています。

現時点での容疑は死体損壊・遺棄の疑いです。

人の死体を傷つける行為や、家族の遺体を埋葬せずに放置したり、遺骨や遺髪を持ち去ったりすることは、死体損壊等罪にあたります。

 

死体損壊等罪の刑罰は、3年以下の懲役です。

 

引用:弁護士ドットコム

 

運んだり、損壊だけではそこまで重い罪にはならないようです。

自首もしていますし、殺人に関与していない場合には情状酌量の余地ありと判断される可能性もあるとの事です。

 

 

 

Twitter

 

 

ネットの声

何が原因かわかりませんが、我が子に殺され燃やされるとかなんと辛いこと…
妊娠がわかったとき、出産したとき、こんな未来が来るとは想像もしていないだろうに…

 

母が嫌いで実家にもほとんど帰らなかった。そんな矢先、今年入って間もなくその母が末期癌で亡くなった。棺桶に入った母を見て、コレで最後と思ったら涙が止まらなかった。母に生んでくれてありがとう、とその時初めて思いました。

 

ある意味すごい。
そんな酷い事、誰も出来ない。恐ろしい。

 

悲しい話だが、
近頃、家族の中での殺害のニュースが後をたたない。

 

常人には理解出来ない域に達してる

 

今まで育ててくれたのに…情もないのか?

 

引用:ヤフコメ

 

 

 

まとめ

殺人に関与していないのか気になるニュースです。

遺体を燃やすことが理解できないとの声が非常に多く出ていました。

続報が入り次第追記していきます。

 

 



おすすめの記事