滝本有生容疑者の顔写真は?西尾市の住崎1号公園で男児を出産しそのまま遺棄

※画像はイメージ

西尾市の住崎1号公園のトイレ内で男児を出産し、その後死亡した男児の遺体をポリ袋に入れ、公園の植え込みに遺棄したとして専門学生の滝本有生容疑者20歳が逮捕されました。

容疑については「間違いありません」と認めています。

 

概要

愛知県西尾市の公園で、へその緒が付いた生まれたばかりの男児の遺体が見つかった事件で、県警は6日、死体遺棄の疑いで、同市住崎、母親の専門学校生滝本有生容疑者(20)を逮捕した。県警によると「間違いありません」と容疑を認めている。

 

逮捕容疑は2日、西尾市の住崎1号公園のトイレ内で男児を出産し、その後死亡した男児の遺体をポリ袋に入れ、同日正午ごろ、公園の植え込みに遺棄した疑い。

 

事件は2日、市職員がポリ袋を発見し「赤ちゃんらしき遺体がある」と110番。駆け付けた西尾署員が、トイレ近くの植え込みで遺体を確認した。男児は衣服を身に着けていなかった。

引用:共同通信

 

 

 

現場

事件が起きた現場は住崎1号公園になります。

〒445-0879 愛知県西尾市住崎2丁目102

 

 

 

滝本有生容疑者の顔写真は?

名前:滝本有生
年齢:20歳
住所:愛知県西尾市住崎
仕事:専門学校生

顔写真の方の公表はされていません。

通学している専門学校についても、情報は出ていません。

 

 

Twitterの声

 

 

 

ネットの声

●赤ちゃんの父親にも相談出来ないなんて、気の毒な女性ですね。
だからといって赤ちゃんを捨てても良い事にはなりませんが…

是非赤ちゃんの父親の責任も追及して欲しいです。

 

●父親は何故逮捕されないのか?
この手の記事にいつも違和感を感じる。

 

●相談できる人がいなかったんだろうね。その間にお腹の子は成長していくし、どうしようと悩んでる間に生まれて慌ててしまって遺棄したんだろうね…。コロナ自粛中に、中高生の妊娠が増えたと聞いた。今から、そういう周りに相談できずに赤ちゃんが生まれてきてしまい、トイレで生んで遺棄してしまったりするケースも何ヶ月後かに増えていく気がする。そういう事件がないよう、そして生まれた命が絶えないように、なにかそういう子供達のために策を今、考えないといけないね。

 

●産んで殺した場合はもちろんその罪を償いますが、父親がわかる場合には子供を作って逃げた男にも逃げたことを罪として厳罰を与えてほしい。
事件が起こる起こらない関係なく、妊娠して逃げられたら女性が被害届けを出して罪に問えるようにならないかな。女性は絶対逃げられないから不公平。

 

●死んでしまった赤ちゃんがかわいそうなのはもちろんですが、この女性だってある意味被害者なのかもしれない。母親を逮捕するなら父親も同じように逮捕するべきだし、そもそもこのような事件が起きないような社会にするべき。しっかりした性教育や支援体制が必要では?男側は快楽だけ得て痛くも痒くもないのはおかしいです。

 

●他に術は無かったのだろうか、、悲しい。20歳罪をしっかり償って今度は1人で何でも抱え込まず居れる環境になるといいです。悲しいね、赤ちゃん罪ないから。  男はどこへ行った?

 

引用:ヤフコメ

 

 

まとめ

女性側だけの責任ではないとは思いますが、誰かに相談するなりしてもよかったのではとの意見が非常に多くみられました。

男性の責任について追及をとの声も多く今後の流れが注目されます。

 

 



おすすめの記事