国民1人当たり10万円給付はいつから?条件は?ただのバラマキか?ネットの声のまとめ

新型コロナウイルスの影響で株価が下がったり、NY市場が一時ストップするなどの経済的な損失が広がっています。

一部ではリーマンショックや東日本大震災以上の経済損失が出るのではないかとの見方も出ています。

そこで国民民主党が緊急経済対策案が凄いとの事でネットで賛否が出ています。

その中でも国民1人あたり10万円の給付をするなどバラマキではないかなどの意見が出ています。

今回は国民民主党がまとめた緊急経済対策案の概要について見ていきますので最後までお付き合いください!

緊急経済対策案の概要とは??

詳しい概要については以下の3点となります。

緊急経済対策案の概要
1、1人当たり10万円を給付
2、消費税率5%への減税(最長2年)
3、事業者への経済損失補償

率直な感想としては10万円もらえたらうれしいと思ってしまいました!

が・・・結局は国民の納める税金が元になるので後になって自分の身に降りかかるかもしれない事を考えると、どっちがいいのか考えさせられます。

10万円給付はいつから?条件は?

当然ですが、10万を必要とする方も多くいるのが事実としてあります。

https://twitter.com/sakuhachisakura/status/1238097531168415744

ただ・・・まだ確定したわけではないようです。

あくまでも経済対策の対策案であって決まったわけではありません。

条件についても特に明記されていません。

おそらく全員になるかと思われますが実際は所得制限が掛けられる結果となるかもしれません。

決まれば生活が楽になりますので、欲しい気持ちがありますが何といっても総額30兆円もかかる部分は気になります。

日本に借金は1100兆円を超えています。

たかが30兆円とみるか、上乗せがされさらに借金が膨らむのを嫌うかに分かれそうです。

Twitterの反応は??

 

ネットの声は??

ネットの声も見ていきます!!

個人事業主です。
今回のコロナウイルスは想定外でした。
ある程度はなんとかなると思っていますが、去年の税金を払うのが、嫌になってきます。
確定申告からの消費税、所得税、市民税、国保税収益が上がらないと、税金地獄になりそうです。
この危機を乗り越えていこうと思っていますが、世の中そんなに甘くないですよね。
これから倒産、廃業の嵐がやってきそうですね。

 

このパンデミックで発生する失業、休業者への生活救援策としては悪くないと思う。
紙幣価値を希釈するかもしれないが、非常時なので仕方ない。
あとはライフラインと生活必需品の生産、輸入を滞ることないようにマンパワー、予算を調整するのが災害時の、政治の役割だろう。
感染症対策は持久戦なので、東日本大震災より長期的な戦略を与野党超えて議論してほしい。

 

お金もらっても物がなくなる。物がないからまた物価が上がって苦しくなる。でも経済落ちるから給与も下がる。つまり不況になります。

 

良いと思います
子育て世帯に片寄った不平等な事を平然と言ってる与党はいらない

 

年俸1000万以上は対象外です、金持ちにお金渡してどうするの。 一般庶民に財政出動です。

 

このような事が言われています。

コメント引用元https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200312-00000099-mai-pol&s=lost_points&o=desc&t=t&p=6

最後に!!

結局なところ、出来るのか出来ないのかが一番の問題になるのではないでしょうか?

30兆円とも40兆円とも言われるお金が本当に出せるのか?

ただ、フリーランスは4100円など不公平さが無いのは非常に良いと思ってしまいます。

実際はフリーランスの方が厳しかったり事業者の方が大変な時期である事は間違いないと思います。

みんな苦しいのであればみんなで耐えるか?それとも国の政策で乗り切るのかは最後まで賛否あるでしょう。



おすすめの記事